読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるっとぐりっど

日曜プログラマがいろいろ試してみたことを、後の自分のためにまとめておく場所

念願のHHKB Professional JPを手に入れたぞ!

久しぶりに高い買い物をしてしまった。それがこれ!

f:id:grugrut:20160417141313j:plain

言わずと知れたHappyHackingKeyboard Professional JPです。(すでにタイトルに書いているけど)。

HHKBはいくつか種類があるけど、大きくわければ、英語配列日本語配列か、メンブレンか静電容量か、その2×2の4パターンから選ぶことができる。僕は最初はHHKB初学者だし、ちょっと慣れてからProにしようと思って近くのビックカメラに向かったのだけど、LiteとProは打った感覚が全然違うね。好みは分かれると思うけど、やっぱりProのほうがいい感じ。ざっくりProが2万円、Liteが5千円という、およそ4倍の差がある中迷ったのだけど、きっと4倍出した価値はあるはず。あると信じたい。私信じてる。

見よ、このコンパクト感(HHKBならやっぱ白かなという思い込みの元、白を購入)。

f:id:grugrut:20160417141540j:plain


一般的にキーボード業界だと、東の横綱RealForce、西の横綱HHKBという構図が少なからずあると思う(相撲はよく知らないんで東と西に違いがあるのかどうかはわからないけど)。
そんな中HHKBの有する大きな特徴としては、コンパクトであることとCtrlはAの横、である(相撲の下りからすべて思い込み)。

このエントリが初HHKBでの入力している文章になるけども、やっぱり、慣れないところとしては、Delキーが存在しないことと、全角/半角キーが場所が違うということがあげられる。この辺は慣れの問題とはいえ、特に全角半角キーの位置は、癖で手を伸ばすとEscキーが待っているので、慣れるまでは難しそう。

ただ全角半角を切り替えずに文字をタッタカタッタカ入力している分には非常に打ちやすく、またタイピング速度も上がったような気がする(当社比)。

慣れすぎてほかのキーボードが使えなくなるのはちょっと怖いけど、これから使い込んでいこう。