読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるっとぐりっど

日曜プログラマがいろいろ試してみたことを、後の自分のためにまとめておく場所

emacsのelisp管理に使えると名高いel-getの導入に悪戦苦闘したのでメモ(featuring Windows)

emacs

はじめに

Windowsでは、これまでmeadowを使ってきたけれども、最近のemacsではいろいろとすごい機能が盛りだくさんになっているらしいので、meadowを卒業してGNU版のemacs-24.3を使うことにしました。

そして、emacs24ではpackage.elが標準で導入されていて、パッケージ管理が非常に楽になったと聞いたので、init-loader.elなども使いながら、古ぼけた.emacsをせっせと移行していたのだが、驚愕の事実に気がついた。




package.elではmarmaladeにアクセスしようとも、ddskkとhowmがインストールできない!!!!

僕は、skkhowmのためにemacsを使っているといっても過言ではないので、これは死活問題である。

そこで、el-getの導入にチャレンジすることにした。

導入

基本的に↓のブログを参考に導入しました。

http://d.hatena.ne.jp/zqwell-ss/20130324/1364129779

ここにはかかれていないところで一つ詰まったところが、

(url-retrieve
 "https://raw.github.com/dimitri/el-get/master/el-get-install.el"
 (lambda (s)
   (goto-char (point-max))
   (eval-print-last-sexp)))

でC-xC-eすると、el-getがインストールされる。。。はずが、次のエラーメッセージが出てインストールどころか、elispのダウンロードすらできない

url-http: Could not create connection to raw.github.com:443

原因

opensslがパスに通ってないことでした(そりゃhttps通信できなくて当然だね)。

てっきりcygwinなりなんなりで別途opensslのインストールが必要なのかと勘違いして、「そんなの聞いてないよ、とほほ。。。」と思いながらcygwinでopensslを追加インストールしたのだけど、このエラーを突破すると、次に

gitにパスがとおってないよ!!

なエラーメッセージががが。

gitはすでに導入済みでパスだけ通ってなかったので通してやると、インストールはうまくいったのだけど、よくよく見てみるとgitのパスにはちゃっかりopenssl.exeが!!

結論

  • 説明はしっかり読もう
  • パスはちゃんと通そう

追記

ddskkもhowmも最初から用意されているrecipeは、ちょっと古いバージョンの物っぽい?
もうちょっとよく調べよう